名古屋徳洲会総合病院 看護部

Nagoya Tokushukai General Hospital

看護部理念

専門職としての知識・技術の向上をはかり、
患者さまを思いやり、心にとどく看護をいたします。

専門職としての
知識・技術の向上をはかり、
患者さまを思いやり、
心にとどく看護をいたします。

看護部長ごあいさつ

想いに、寄り添う

名古屋徳洲会総合病院は、心臓血管外科など超難度の手術看護をはじめ、その人らしく人生の最後を迎える援助まで、超急性期から慢性期に至るまでのケアを行っている病院です。心臓血管外科では、愛知県内でトップクラスの手術件数を誇り、植込み型補助人工心臓の手術、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)も行い、患者様が安心して治療看護が受けられるように体制を整えています。また、がん患者様にも力を入れ緩和ケア病棟を作り、ひとり一人の患者様の思いや気持ちを大切に看護を行っています。

新人教育は、ローテーションとラダーⅠ研修で、基本的援助技術と各疾患看護をしっかり学ぶことができ、自ら考え行動できるための社会人基礎力、看護師にとってとても重要な意思決定支援の教育も行っています。自分に合ったやりたい看護が実践でき、なりたい看護師となれるよう見守り、指導教育をしています。

みんなで支えあい励ましあって、ゆっくり一歩一歩成長できる職場です。

あなたの優しいまなざしの中にある観察力と洞察力で、共に知識、技術を磨き心に届く看護をしましょう。

Responsive image

サイン

知ってほしい3つのこと

24時間365日

徳洲会の原点ともいえるのが救急医療です。『生命だけは平等だ』の哲学のもと、24時間365日決して患者さんの受け入れを断らない医療を実践しています。また屋上にはヘリポートを完備し、遠方からの救急患者さんの受け入れ態勢も整っています。

Responsive image

急性期から緩和まで

地域の中核病院として急性期医療に取り組み、心臓血管外科では東海トップクラスの手術件数を誇り術後看護を実践できます。また、緩和ケア病棟では患者さまの苦痛を緩和し、その人らしく穏やかに過ごせるようなケア、治療、サポートができる能力を身に付けることができます。

Responsive image

充実した研修

新人ローテーション研修や、キャリアアップ研修、資格取得支援など長期的にキャリアップを図れる環境が整っています。一人ひとりの目標や能力に合わせたプログラムで急性期病棟をローテーションすることで様々な医療シーンにおいて的確に対応できる力を身に付け各診療科の特徴を学び、自分に自信がつきます。

Responsive image

病院概要

■病院概要

開設
1986年6月
院長
前田 徹
病床数
350床(一般300床・療養50床)
職員数
699名(看護職:314名)
看護方式
パートナーシップ・ナーシング・システム
看護配置
7:1
診療科目
内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、小児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、緩和ケア外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、救急科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科口腔外科
その他
透析センター、ハートセンター、内視鏡センター、健診センター
指定・認定
日本医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院

■フロアガイド(看護部門)

7F
緩和ケア
6F
内科、療養
5F
脳神経外科、泌尿器科、整形外科
4F
外科、循環器内科
3F
心臓血管外科、手術室、ICU、HCU
2F
透析センター、化学療法室、内視鏡センター
1F
救急外来、外来
Responsive image Responsive image